スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
謎バトン

別所で鵞鳥さんから頂きました、何だかネタが多い謎バトンを転載。
こ、これは芸人の血をDNAの隅々まで受け継いでいる関西人と
しては答えないわけにはいきません……!
いざ、尋常に勝負……ッ!(なにかをまちがえている)


◎まずはお名前を
小説や詩を載せているサイトでは、雪待ルリヤと名乗っています。
別のサイトではるりあ、と名乗っています。
まあ雪待ルリヤと名乗る事が一番多いですね。
え、本名?勿論秘密ですよ。適度なミステリアスさは女性の
うつくしさや妖艶さを引き出してくれますから(間違い)


◎携帯のメモリー数何件?
今のところ、きっかり130です。
と云うかそれを調べだすのにエライ手間がかかりました。
どうやったらメモリナンバーなんて見られるんだよ……!と。
12月に変えたばかりの携帯がさっそく調子悪くなって、
今代替機を使っているので良く解らないのです。
……まあ、何度もおっことしたわたしがいけないのかしら。
(勿論落としたなぞとは携帯ショップの人には云っていない)


◎知らない人に100万あげるって言われたらどうします?
貰います。
貰います。
全力で貰います。
ただし、貰う前に何が望みだと聞きますけど。
命を寄越せなぞと云われた場合は100万ではなく一千万円
持って来いと云います。腕一本なら治療費・リハビリ費その他
諸々全負担して頂いた上で、500万円ほど支払って頂こうかと。


◎ブリはマグロになりますよね?
ブリってあの青くて銀色にひかるうつくしい魚ですよね。
マグロはあの体表が黒ずんだ銀色でこれまたなめらかでいいですね。
でも良く考えてみてください。つぶらな眸の彼らに手酷い真似を
するのは良心が痛むかもしれませんが、ここは遠慮してはいけません。
ずっぱりその体を切り裂いてみてください。
ちゃんとできましたか?手は震えていませんか?躊躇っては駄目ですよ。
きちんと出来たのなら、傷口に両の手を差し入れてぐ、と押し広げて
見てください。目を背けてはいけません。これも事実を確かめる
為なのですから。傷はしっかり開きましたか?
では確認してください。
ブリの肉はほのかに白っぽくて青白く透けていますよね?
マグロの肉は赤くて生々しい肉らしい色ですよね?
では良く解ったかと思いますが結論を云いましょう。


な り ま せ ん 。


残念でしたね。でも、実際に生きものを殺めて死体を斬り広げて
確かめたのですからこれで御納得頂けたかと存じます。


◎枝豆乾燥したら大豆になりますよね?
順序としては逆だと思いますよ。
何と云うか、ピテカントロプスとクロマニョン人のような関係。
(一度手前で道を別った後でまた変化したと素直に云えばいい)


◎人面魚は今どこに?
琵琶湖にいたらいいですね。
けどあのニュース、わたしが小学生くらいの頃のだったような
気がするので多分あの魚は今頃天国の甘たるい池の中でとろり
とろりと夢のように水の中をなぞっているか、もしくは所業が
悪ければ地獄の釜の中で真っ赤にたぎる何か得体の知れない液体の
中に居て、熱い熱いといいながらいい具合に火が通って煮えた
状態になっているかのどちらかかと思います。
……そう云えばコイって白身?赤身?青魚?どれなんでしょう。


◎今まで会った衝撃的な人ベスト5!!
ここは出し惜しみしつつ五位から発表すべきでしょうか。
五位
ヨヒラさんなどをはじめとする某絵チャで出会った人々。
色々な意味で物凄い衝撃的でした。

四位
同性の奴隷を作ったりしている某Mののふ君(伏せてない!)
異性の筈なのに、同性でも異性でもないかなり特殊なひと。
いやあくまでもわたしの中で、ですが。
けれどあの男にモテるっぷりはかなり衝撃的。

三位
皇成さん。
人間として非常に尊敬できるひと。
女性でここまでわたしが心を預けられるのは彼女くらいです。
その事実自体が相当数衝撃的。

二位
元彼さんです。あの愛すべき莫迦っぷりは衝撃でした。
いい年して雪が降ったと云うだけで朝の六時半くらいに大喜びで
電話してくるのは止めた方がいいと思います。わたしは慣れて
いるから大丈夫ですが、不慣れな方に同じ事をやると、某人からの
ように「殺すぞ」の三文字でメールが返って来たりしますよ?
それから雨上がりの水溜りに大喜びで突入してぱっしゃんぱっしゃん
ジャンプするのも控えましょう。あなたの靴大概穴があくまで
履き潰してるんだから水が入ります。
まあでも人間的な器の質には普通に尊敬を抱くので、そう云う意味
でも衝撃的な人ではありました。わたしの人生を変えたひと。

一位
わたし自身。
いつもいつだって新しい衝撃ばかりを思い続けてる。


◎辺りを見渡して下さい。印象に残った物は何?
ぱっと左を見て見えた、わたしの体から大体30センチくらい
の距離にあるでかい窓が結露で凄まじく湿っている様子。
……どうりでさむいはずです。さむい。さむいよう。


◎メルヘンの国ってどんな所?
まずメルヘンと云う単語の定義を調べてみると、神話や伝説とは
違い、まったくの空想によって作られた童話、御伽噺などの
物語を示す独乙語、とあります。
つまりはわたしの頭の中でしょう。
全くの空想のみで色彩られた物語の世界です。


◎味噌汁にご飯を入れる?
寧ろ御飯に味噌汁を入れますが何か。御味噌汁の具だけを
食べちゃった後、こう、お茶碗の中に汁をだーっと。
結構美味。白米だけって何だか食べにくいですし。


◎去年爆笑した事は?
……笑いの少ない人生ですから。
いや、嘘です。多分爆笑とか結構してると思うんですけど。
覚えてません。嬉しいことや楽しいことを余り覚えておれない
性質なのです。


◎今財布の中身はいくら?
ひとはちゃんがいますね。ほんと珍しい。
最近は諭吉様どころか野口君すら居ない時が多かったから。
と云うわけでどなたかわたしに出資しませんか(笑)


◎レシート入ってる?
即座にぽいぽいしちゃう方です。
寧ろカード類が大量にあって困ってます。要らないって云ってる
のに作らないで……!服の好みが変わった時なんて結構カードが
悲惨なことになります。店が変わるから枚数は増えるし、
その上前の店には余り行かなくなるのでこの半端なポイントが
勿体無い……!とか云う事に。
あと、イノブンとかあんまり行かないのでちまちま通う内に
何故か四枚もカード出来てましたよ。しかも全部判子一つ。


◎自問一答して下さい。
質問者「しにたいですか」
回答者「さいきんはそうでもなくなってきました、よくないですね」
質問者「それはそれは。たいへんよろしくないけいこうです」
回答者「やはりそうですか。わたしはいったいどうしたらいいでしょう」
質問者「もうだめだとおもいますよ。わたしは。」
回答者「そんなことおっしゃらないでください。どうすればいいのです」
質問者「しかしこれは自問一答なのです。
     わたしはこたえるわけにはゆきません」
回答者「そんな、では、わたしは、」
質問者「もうだめですね。」
回答者「……いけませんか。」
質問者「はい、いけません。」
回答者「ほんとうにだめですか。」
質問者「いよいよいけませんね。どうぞごかくごを。」
回答者「………………りょうかいいたしました。」


◎この謎バトンを見て下さっている方々に一言!

質問者・回答者両名
「わたしのことをころしてください。」


◎鼻かむときティッシュは何枚?
一枚ずつ使いますけど。あ、だめだなと思ったら(何か厭ですね)
もう一枚引き出して使います。
因みに人前では鼻をかむことがどうも駄目なタイプです。


◎誕生日は平成6年3月26日ですよね?
そんなに若くありませんよ……!
しかしわたしの生徒がことごとく平成生まれで、しかも阪神淡路
大震災を知らなかったり、ノッポさんが喋っちゃったり、
にこにこぷんではなくどれみふぁどーなっつで育っていたりで
わたしとしましてはジェネレーションギャップが凄いです。
……いいんだ、若さがなんだ(泣)
わたしは杉本彩のような三十代になって川島直美のような四十代に
なって由美かおるのような五十代になるからいいんだ……!(笑)


◎コンビニで欠かせないのは?
じゃがりこ。(超即答)
いやあのわたしジャガイモが大好きなんです。
オヤツと称してイモをふかして食べるくらい。因みにわたしの
オヤツは何かがおかしいらしく、ジャガイモ一個とか、具のない
巨大茶碗蒸しとか、魚一匹焼いてみるとか、そんなのです。


◎マクドナルドで欠かせないのは?
この流れでいくと期待を全く裏切らずにポテトと即答します。
けど正直マクドはあんまり行かないんですよね……。
どっちかと云うとモスが好きです。一番好きなのはフレッシュネス
バーガーですが。あとウェンディーズのベイクドポテト……。
ああそう云えば、関東の人はマクドではなくマックって云うって
ほんとですか?何かこそばゆくて云いにくい……。


◎地球には〇〇が必要だ。さて。
ネタで云うならばジャガイモと答えたいところです。
しかし一惑星に過ぎない地球が主体的に何かを必要とするなぞと
云う現象は通常考えてありえないと思うのですが。
ここは人間世界と云う意味で地球と云う単語を用いたのでしょうか。
けれど人間世界だの社会だのと云うのは本当に存在するもの
なのかしらん。わたしは唯識論にやや傾いているのでそんなものは
ただのまやかしだと思っています。したがって、地球、社会、
世界などと云うのは全てわたし自身の意識と同一化したものと
して拘えてこの問いに回答しようかと思います。
わたしの世界に必要なものは    です。


(そんなものをことばでいいきれるくらいならば
 こんなおもいはしていない)



◎牛のゲップは地球温暖化の原因の1つでもあるらしいですよ。
どうでもいいです。
寧ろ人類が誕生して以来、地球の気候がこんなに安定し続けて
きていることの方が驚愕かと。そろそろ何もしなくても勝手に
崩れてゆくタイミングなのではないですか。
それ以前にわたしはすぐ前の問いで地球、世界、社会とは全て
わたし自身の事であると答えていますのでそれこそ、
牛のゲップはかなりの高確率でどうでもいいです。


◎おもしろ回答してくれそうな方3人、誰を選ぶ?
毎度御馴染み芸人仲間のセリアさん。
そしてこれまた芸人のえりこさん。
ちょっと答えが聞いてみたい某Fさん。


いつもの如く、ネタやらそうでないものやらを取り混ぜてみました。
回してはみましたが、忙しかったらスルーしてくださいませ。

スポンサーサイト
【2006/01/31 00:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
眠いだるいしんどいつらい眠いだるい

しかし仕事には行かなければなりません。
眩暈がどうした頑張れ自分。
仕事に行けば元気になる。
何故なら生徒が待ってるからだー…!
と結構ふらふらしながらホームに佇み電車に乗り込む雪待ですこんばんわ。


週末色々な事が沢山あったので、今日はずっと意識が途切れたり戻ったり
しながら眠ってました。
お陰で夕方まで今日が月曜だと気付かずにいましたよ(苦笑)
それでも仕事がある事だけは覚えてるんだから仕事って凄い。
てか生徒が凄い。生徒は良いです。可愛い。


幾ら言の葉を紡いでも、伝わらない事ってあると思います。
だからこそわたしは言葉を使い、体を動かして、声の抑揚、
視線の強さ、触れた指先、そうした全てを懸命に使って、思いのたけを
伝えようとする。


昔、わたしは、言葉は万能だと思っていました。
人の世界が言葉で出来ているなら、伝わらない言葉はきっとないと。
そして、それは嘘だった。
けれど言葉で足りないのなら、他のやり方使い方を覚えて補えば、
きっと伝わると、今度はそう思いました。
伝わらないものはない。
そう思いたかった。


けれど、
幾ら言葉を駆使しても。
目を見て触れて声を張り上げても、
伝わらない事があるのかもしれません。


わたしはひとを信じたい。
伝わらない事はないと、まだ、信じていたいです。


【2006/01/30 20:15】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
バトンバトン(コスメ)

ヨヒラさんから別所で頂いたバトンをこっちにも転載。
なんでも好きなものを《》の中に入れてまわすバトンだとか。


1>PCもしくは本棚に入ってる《コスメ》
……あのう 普通 本棚にコスメは入れないと おもう な。
それともコスメ関連の御本と云うあれかしら。それならわたしは
持っていないなあ。姉がBAなので、どっちかと云うと姉さんの
机の上にならそう云う本や、メーカーさんからの冊子なんかが
もさもさと積んでますが。あ、でもマキアージュなら本棚に。
パソ子の中……@コスメがブクマに入っているくらい……?
最近あんまり覗いていませんが。また見ようかなあ。
今度は石鹸を探したい。


2>今妄想してる《コスメ》
うーん。元々の顔立ちの問題で、あまりアイメイクをやらなかった
のだけれど(猫顔なのでキツくみえる)、最近はシャドウに
挑戦中です。シャドウに限らず、あまりメイクに色を使わないので
アイライナーとかでも少しずつ色を使って行きたいなあ。
友人に「さつまいもカラー」と称された(笑)赤紫とゴールドと
ハイライトの三色シャドウと、姉から進呈された、ケイトの紺と
紫の青系シャドウをげっちゅーしたので次は是非ともカーキ系で。


3>最初に出会った《コスメ》
中学生の時の、アイブロウかな。眉が薄いので、それが気になって。
未だに眉だけは、ナシでは外に出たくない……。
あ、でも小学生の時の色付きリップとかもコスメに入れていいの
かしら。しかしそこまで溯ってしまうと、小さい頃にこっそり
お母さんの化粧品を使ってみた経験までいきますよね。

あの頃は、母の鏡台は宝箱みたいに見えてました。
色々きれいなものが入っていて、誰もいないお留守番の時に
こっそりと抽出しをひいて、全然似合いもしない口紅を不慣れな
手付きでそっとくちびるに押し付ける瞬間の、あのいけない事を
しているようなどきどきした感じは未だに忘れられません。
抽出しに幼い指をかけたその瞬間から、慌てて口元を拭うまでの
間ずっと、蠱惑的な感覚にくらくらしていた。


4>特別な思い入れのある《コスメ》
うーんうーん。特別……特別……。
多分意味が違いますが、マスカラはちょっと特別か、な?
他のどのメイクよりもマスカラだけは丁寧にやります。
いや、女の子の睫毛って、物凄いキーポイントだと勝手に思って
いて……。まつげの長い少女にあこがれているのです。
でも巷で流行っている(最近はすたれてきた?)バサバサの濃くて
太い睫毛、あれは色気がないから駄目です(断言)
こう、細くてすうっとした、長いのが好き。少女っぽい。

5>次にまわす五人
えっと、では某Fさんに《敦盛》で(笑)
許可を取ったのでセリアさんに《好きな髪》で(更に笑)
五人でないけどいいですよ、ね……?


【2006/01/23 22:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
携帯で咄嗟に打ち込んだ文を抜粋。

「北原白秋の、『香ひの狩猟者』に、どきどきした。
 背筋から透明できれいで、温度のない何かがつう、と突き上げてきて、
 ただ、恍惚のようにどきどきとした。
 突発的な熱病にかかったかと思うほど、心の底が浮き上がった。

 わたしの今描きたい言葉は衝動でもない、関係でもない、声でも、
 恋でも、なんでもなくて。
 わたしが今、たった今描きたい言の葉は、空気。
 それだけだ。
 それだけだ!」


電車の中で電子ブックで読みながら、息をつめて一文字一文字を目で
ひたすらに追いかけていました。どきどきする。
いつもいつだって、あの衝動はわたしの胸の一番底の部分、大事な何か、
心と呼ばれるようなものが収まるあの場所を酷く浮き立たせる。


いつかわたしもそれを誰かに与える事が出来るだろうかと思います。


うつくしい、静かな情景が描きたいな。
廃墟と云うモチーフだけで三つほど綺麗な絵が浮かんだので。


【2006/01/18 23:49】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
おいていかれる

大事な、とても好きな人々であるのに、会ったり話したりすることが
怖くなる事と云うのが時にあります。まあ学校の友人辺りなのですが。


調子が思わしくなくてずっと休んでいると、周りがどんどん先に進んで
いくのだなあと感じる瞬間が何度もあります。わたしの知らない難しい
ことや、色々なことを聞く度に、何度も。
凄いなと思って、それから少しだけ淋しく思って、最後には、ああ、
追いつけないなとそればかりを少しだけ考える。


勿論わたしの具合が良くないのは自業自得と云うか自己管理のなっていない
所為と云うか、兎に角わたしに責任がある訳なのですけれど、だからこそ、
己の所為で立ち止まっているわたしの前をどんどん通り過ぎて行く人達を
見ているばかりなのが時々、さみしいような、怖いような気になります。


置いていかれる。
自分の責任で置いていかれるのも已むを得ないと立ち止まったのだけれど、
怖い時はやっぱり、あります。怠けているようにしか見られていないの
じゃないだろうかとか、距離が遠く感じて、そのまま縁がとぎれたら
さびしいなとか、色々と、愚にも付かないことを。


気がひけるとか、怖くなるとか、一瞬だけ強張る体が何だか、大事な
人達に対して酷い態度を取っているような気にもなったりで。
要するに多分わたしは、ひどく後ろめたいんでしょう。


……まあ、あんまりぐるぐる考えすぎて余計に悪くなっても仕方無い
ですし。もう、以前お医者さんに云われたように、無理に良くなろうと
せずとも、苦しいままでもいいので、持病だと思って共生していくと云う
道もなくはない。糖尿病か何かだとか、体に爆弾抱えてるとでも思って、
(でもそう云う深刻な病気の人と同じように考えるなんてそれこそとても
失礼なことなのかもしれないけれど)生きる事を思おうかと思います。


好きだと思った瞬間に、すきだと口に出来る事がどれほど幸せか。


【2006/01/18 17:47】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
唐突に人形。

ほんと唐突ですが何となく今思ったので書き留めておこうかと。


人形について。
わたしは球体関節人形が凄く好きなんですが、あのなんとも云えない
うつろな魅力について何となくぼやりと考えてみたり。


人間には魂があるけれど、
人形には魂の入れ物が入っている、ような気がします。


あの、生きているような死んでいるような、なめらかな肌膚の下には
一体なにがあるのだろうと思わせる、においたつような吸引力は、
どうしようもなくわたしの心を捉え続ける。
硝子の瞳にうつるのはただ、うつろな空気ばかりであるのに、そこに
人は何がしかの意識を見出したり、あやしいまでのうつくしさに囚れて
ただ心ばかりをそこにあずけて、どうしようもないほどに。


多分人形の中にこもっている魂の入れ物が、
それ自体は空っぽのただの入れ物なのに、だからかな、中にどんな魂が
入るのだろうと思わせたりとか、人形に触れるひとの魂をそこに込める
事ができたりとか、ほんとうに凄い人形になるときっとその器の内側は
螺鈿か水晶か鏡かなにかのようになっていて、酷くうつくしく何もかもを
乱反射させる。中になにかが入っているのじゃないかと云う気になる。
己の心を込めてみて、でもそれ以上になにか、物凄いなにかがきらきらと
乱反射できらめいてただ惹きつけられる。


魂の入っていない器だけなのに、まばゆいばかりにきらめく光がその内
には満ち満ちていて、空っぽの空間がうつくしくて仕様がない。
そこまで行ってしまうともう、己の心を投影したり込めたりなんてする
事すら、できなくなるんだろう。


完全なる美は一種の暴力だとわたしは思う。
その前にはただひれ伏すしかない。


【2006/01/11 00:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
あけましておめでとうございます

年末にモデムがぶっ壊れて以来かなり御無沙汰しておりましたが
あけましておめでとうございます。
ほんとにもうここ暫くはネタにしかならない怒涛の日々を過ごしています。
余りのやばさにもうここはネタにするしかないと思いました。まる。


以下、マジでネタにするしかない怒涛の日々。


...続きを読む
【2006/01/01 11:33】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
-->
雪中花


プロフィール

中谷雪緒

Author:中谷雪緒
文章を書くのが好きです。
毎日幸せです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。